トップページ > 下永病院

下永病院

下永病院は福山市西部にあり、近くには福山市園芸センター、県立福山少年自然の家などがあります。豊かな自然と、松永湾や瀬戸内海の島々を一望できる最適な療養環境に恵まれた施設です。私たちは、患者様がいつでも安心して治療・看護が受けられる心の医療を心がけ、各専門職として質の向上・知識・技術習得のための各種研修を実施し、心のこもった最高の医療・看護サービスの提供を目指しています。 また、当院は、医療従事者養成の施設として、下記の実習を受け入れております。

病院概要

診療科目 精神科
病床数 159床
デイケア 現在、重度認知症デイケア及び精神科デイケアを行っています。
心理療法 外来にて、心理療法士によるカウンセリングを行っております。
臨地実習施設として以下の専門職養成を支援しています。 精神科看護 精神作業医療
精神保健福祉士

下永病院は、医師をはじめ、看護師、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士がそれぞれの専門性を活かしあらゆる精神疾患に対応しています。
退院後、ご自宅で生活される患者様が、健康で安定した生活を送っていただけるよう、看護師をはじめ各専門スタッフがご家庭にお伺いし、看護、介護、リハビリテーションなどのサービスを行う訪問看護をおこなっています。
また、退院前の患者様が退院後の療養生活を快適に過ごせるよう、あらかじめ外来通院、その他関連施設と最良の方法を考え、安心して在宅療養を迎えられるよう支援しています。

重度認知症デイケア えいわ

ご家庭で生活されている認知症の患者様の在宅生活を支援し、快適な日々をお過ごしいただくための通所施設です。
メディカルチーム(精神科医、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、介護福祉士等)による1日6時間程度のリハビリテーション活動を提供し(昼食を含む)、規則正しい生活習慣の確立をはかります。

患者様とご家族を支えます。

デイケア みはらし

地域での生活をしながら昼間通ってくるリハビリテーションの場です。社会復帰に向けて準備・疾病の再発防止・入院することなく対応していくことを目的として、作業などの生産活動・手工芸やスポーツ・SST(日常生活技能訓練)などを通して、対人関係や生活技能等の回復をはかります。

外来診療のご案内

下永病院は、医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、薬剤師、作業療法士が、それぞれの専門性を活かし、あらゆる精神疾患に対応しています。

診療科目

 

診療日・診療時間について

診療は予約制です。ご希望の日時をご予約ください。
電話による予約受付時間は、9時00分〜16時00分です。



予約された時間は多少前後になる場合がございます。予めご了承ください。


予約された時間は多少前後になる場合がございます。
予めご了承ください。

●診察時間
 午前9時00分〜11時30分 午後1時00分〜3時00分
●診察時間
 午前9時00分〜12時00分 午後1時30分〜4時00分
 但し、木曜日の老人性認知症専門外来は午前中となっております。
●外来通院リハビリテーションをおこなっています。

◆重度認知症デイケア えいわ

◆精神科デイケア みはらし

専門スタッフがご家庭にお伺いし、看護、介護、リハビリテーションなどの訪問看護サービスをおこなっています。

詳しくは、外来診療、デイケア、訪問看護など、お気軽にお問い合わせください。

 

下永病院外来担当医表

休診 浅海 寺田 下永
(午前)
*認知症専門外来
龍田 池田 休診

*尚、『担当医師等』につきましては、変更ある場合もございますので、あらかじめお問合せの上、御予約ください。


アクセスマップ


デイケア みはらし

下永病院では、様々な専門職による治療の中で、必要に応じて心理療法士による心理療法(カウンセリング)を行っています。一般にカウンセリングとは、専門的視点からの心の理解と、それに基づいた助言、問題解決を目指した様々な働きかけ全般のことを言っています。当院では、精神科医療における臨床心理学の専門職の立場から行うカウンセリングのことを「心理療法」と呼んでいます。私たち心理療法士は、患者さんがより自分らしく豊かに生きていけるよう、「こころの理解」をお手伝いするのが仕事です。

心理療法士とは
当院では、入院、外来、デイケアにそれぞれ心理療法士が所属し、男女6名で心理療法を行っています。当院の心理療法士は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会から認定を受けた「臨床心理士」です。
当院では、医師の診察の後、心理療法を行っております。
心理療法を希望される方は、精神科外来を受診して、担当医にお申し出ください。

心理療法の対象となる方
・生き方に悩み、心をもっと自由にしたい方
・気持ちがふさいで憂うつな方
・心の余裕を失い,些細なことでいらだちやすくなった方
・うつ病、パニック障害、自律神経失調症ではないかなど、心の健康問題で悩んでいる方
・検査に異常がないのに身体の調子が悪い方
・「子どもの育て方がわからない」「夫婦関係・性の悩みがあるが,誰にも相談できない」「嫁姑の関係が難しい」など、家族のことで悩んでいる方
・「朝起きるのが苦痛で、職場(学校)に気持ちが向かない」「職場(学校)の人間関係が上手くいかない。いじめで困っている」「自分に合う仕事がわからない。進路が決まらない」など、仕事や学校のことで悩んでいる方
・「誰かに何かを話す必要があるがそれを打ち明ける人がいない」「やたらと食べ過ぎてしまう」「乗り物や映画館など、自由にその場を離れられない状況が怖い」など、自分自身のことで悩んでいる方

心理療法士のその他の仕事
集団心理療法
複数の患者さんと当院の専門家が話し合いをし、他の患者さんたちと悩みや気持ちを分かち合うことで、患者さん自身のこころの理解を深めるお手伝いをしています。

心理検査
こころとは、目では見えないものです。
他人からはもちろん、自分自身でも案外気がついていない部分があります。
自分自身をよく知るための手がかりとして、性格検査や知能検査なども適宜行っています。

心理教育プログラム
患者さん、患者さんのご家族がそれぞれ当院の専門家と話し合いをし、心理的健康や精神科疾患についての知識を得たり、心配事について相談する中で、より良く生きていくためのお手伝いをしています。

病棟のご案内

精神科一般病棟  西-1病棟(30床)

身体疾患合併症治療病棟です。 ターミナル期にある高齢の患者様も多く、全ベッド中央配菅になっており、調剤室を完備しています。 身体ケアを中心に、ゆっくり安心して療養いただけるよう、心のこもった看護を展開しています。


精神科一般病棟  西-2病棟(39床)

急性期から慢性期の患者様の治療病棟です。個室7室、2人室2室、急性期対応の保護室5室を有 し、ゆとりとプライバシーを重視した療養環境を提供しています。 個別性を大切にしながら、精神的安定と退院に向けた積極的な援助を展開しています。

精神科一般病棟 東−2病棟(42床)

急性期から慢性期の患者様の治療病棟です。ゆとりとプライバシーを重視した療養環境を提供しています。 個別性を大切にしながら、精神的安定と退院に向けた積極的な援助を展開しています。


認知症病棟 1  東−1病棟(48床)

老人性認知症疾患に罹られた患者様の治療専門病棟です。 わたしたちは、患者様を人生の先輩として尊敬し、明るくいつもやさしい笑顔をモットーに、よりよい 看護をめざしています。また、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士がチームを組み、家庭 復帰に向けた治療と生活機能回復訓練を行っています。


お問い合わせ

Copyright (C) EIWAKAI Co.,ltd.All rights reserved.